韓国が面白すぎて欲求不満

執筆者:黒田勝弘 2004年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

 ぼくのソウルでの記者生活は二十年以上になるが、いつも感じている欲求不満がいくつかある。その最大のものはこの地のことを、なかなか全体として伝えられないことだ。つまりソウル駐在の記者として、できるだけ韓国や朝鮮半島の全体像を読者に伝えたいと思うのだが、ままにならないのだ。 記者はニュース稼業であるため、どうしても日々の出来事に追われる。ニュースというとやはり政治や外交を中心にお硬い話がほとんどだ。その結果、そうしたお硬いニュースだけでその国を伝えることに、いつも内心忸怩たるものがある。 それでも、こうした欲求不満を解消するためぼくなりの工夫と努力をしてきた。たとえば紙面では時間に追われないコラムに結構、気を使っている。コラムを通じた多様な情報の提供というわけだ。 それからぼく個人としては出版や雑誌への寄稿も大いに活用してきた。たとえば、韓国の“食”への関心がそうだ。“食”こそ文化の核心と思うが、このところコラムを含め韓国情報の多様化の方法として“食”にこだわっている。 ところである国、ある民族を理解するためには、その国の女性を知りなさいといわれる。女性こそがその国、その民族の文化をもっともよく体現しているからだ。したがってジャパノロジストとかコリアノロジストといった世界各国の文化人類学者など外国研究者の多くが、研究対象の国の女性と結婚しているのも一理がある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順