橋田信介が残していった初めての決意表明

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2004年8月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

 五月二十八日早朝、テレビから「バグダッド郊外で日本人ジャーナリストが襲撃された模様。詳細は不明」と聞こえてきた時、咄嗟に橋田さんだと確信した。というのも、あの時期のイラクの戦場で取材しているような日本人ジャーナリストは彼以外に考えられなかったからだ。その後の展開は、誰もが知っている。 戦場に斃れた還暦過ぎのジャーナリスト、悲惨な現実を前にたじろがない遺族。同じ戦場を舞台にしながら後味の悪さだけを残した二組五人の人質事件があっただけに、現場にこだわるフリージャーナリストの潔さと未亡人の凜としたすずやかさ、いわば「覚悟」と「志」の気高さに、多くの日本人は衝撃を受けたはずだ。 橋田さんと初めてことばを交わしたのは、八九年初めの頃。会社を辞め夫人と共に個人事務所をバンコクに開いた前後だ。場所はバンコクにある某テレビ局オフィス。ユラユラと揺らぐ長身、人懐っこい口調、笑えない冗談……どうしようもない技術屋のオッサンというのが、偽らざる第一印象だった。しばらくして後、あるタイ人記者からジャーナリズムの世界では伝説中の人、ベトナム戦争以来の歴戦の戦場カメラマンだと知らされたが、それでも賢夫人の尻の下でニヤニヤしながら暮らすノーテンキなオヤジにしか見えなかった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順