タシケント便の謎

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2004年8月号
カテゴリ: 国際

 中央アジアの内陸国、ウズベキスタンの首都タシケントへ向かう機上。歴史の彼方へ消えた幻影都市楼蘭、荒涼としたタクラマカン砂漠を眺めながら、「異邦人」などのミュージックを聞きつつ、シルクロード交易の難所であった天山山脈を楽々と飛び越えて、数時間後には目的地へ到着する「はず」であった。 しかし現実には、太陽の代わりに月が登場し、眼下には闇の世界が広がるのみ。機内はミュージックを聞けるような環境ではなく、会話をするにも大声を張り上げなければならないほど、ジェットエンジンの騒音が激しかった。本来であれば中古であっても欧州製のエアバス機で、一応は快適な空の旅がエンジョイできる「はず」であったが、機体は予想外で、しかも最悪のロシア製イリューシン62型機だった。 昨秋、国際セミナー出席のためタシケントへ旅することになった私は、まず、成田発ソウル経由のアシアナ航空機を予約しようとした。中央アジアには朝鮮族が少なからず住み、ビジネスも盛んとあって、韓国の航空会社は定期便を飛ばしているのだ。しかし、すでに満員。次善の策として考えた関空発ウズベキスタン国営航空の直行便も、日本人観光客でなんと満席だという。結局、ガイドブックの旅は捨て、成田からバンコクまで飛び、そこからウズベキスタン航空でタシケントに向かうことにした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順