饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(79)

若手シェフが腕を揮ったノルマンディーの昼食

西川恵
執筆者:西川恵 2004年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 フランスのノルマンディーの中心都市カーンでレストランを経営するシェフ、エバン・ボーチエ氏にエリゼ宮から電話が入ったのは今年三月。執事長のジャッキー・アルベール氏からだった。「六月のノルマンディー上陸作戦六十周年記念式典の昼食会をお願いしたい」と執事長は言った。「なぜ私が選ばれたか知りませんが、料理人には一生にあるかないかの名誉な話でした」 同氏は十代で料理界に入り、各地のレストランで修業を積んだ。一九九五年、二十九歳で地元のカーン市に戻り、売りに出されていたレストランを買い取り、開いたのが現在のレストラン「プレッソワール」。二十代でレストラン経営者になるのはフランスでも珍しい。「借金してでも故郷で自分のレストランを持つのが夢でした」。 夫婦で頑張った甲斐あって、昨年、レストラン格付けガイド「ミシュラン」で一ツ星を獲得。これは、カーン市で初の星つきレストランの誕生だった。同氏に白羽の矢が立ったのは、こうした実績が考慮されたのだろう。 エリゼ宮からの話を受け、ボーチエ氏は前菜、主菜合わせて十五品のメニューを作った。この中から執事長は八、九皿を試食。これを持ち帰ってシラク大統領の最終的な承認を得て決まったのが以下のメニューである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順