クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

レーガンとサダム 妙な関係

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2004年8月号
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 中東 北米

 俗にいう「信じられない光景」とは、あれを指すのだろう。一九七二年二月、リチャード・ニクソン米大統領は北京に行き、毛沢東と膝を交えて談笑した。場所は毛の自宅の書斎。 米国は当時「中国の首都は台北にある」と言っていた。中国はアメリカなんて「張り子のトラ」だと言っていた。そういう倶に天を戴かない両国の首魁が、親しく語り合った。世界は目を疑った。 ニクソンが「私は反共主義者と呼ばれている」と、まず口を切ると、毛は笑って「反共主義者の方が物分かりがいい。話が通じる」と答えた。世界を舞台に、ニクソンは中国をソ連から奪うという大曲芸を演じた。その後まもなく、彼はベトナム戦争を止めた。 一九八〇年のロナルド・レーガンも、反共主義者として登場した。ただの反共ではなくハリウッド製の、それも二流の役者だった。彼の反共は、どうせ底の浅いアカ嫌いのショーマンシップだろう。レーガンの政治は、おそらく見てくれ本位の安芝居に違いない――東部出身、高学歴の学者、知識人、キャスター等の多くは、レーガンに冷ややかだった。 だが「ニューヨーク・タイムズ」「ワシントン・ポスト」だけが新聞ではない。CBSテレビのキャスターは「神の声」ではない。リベラルすなわち左翼・容共派は米国でもマスコミの主流を占めているし、彼らの推す政治家はなまじ「良心」に駆られて共産主義と折り合おうとするあまり、敵にナメられる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順