動き始めたインド新政権の顔ぶれとその実力

執筆者:古池一正 2004年9月号
カテゴリ: 国際

十億を超える人口の六割以上が天候だのみの農業に従事する一方で、納税者はたったの三千万人。経済改革と貧困対策の両立は実現できるのか――[ニューデリー発]インドのマンモハン・シン政権が発足して約三カ月。五月の総選挙で誰も予想しなかったバジパイ前政権(インド人民党=BJP=主導の連立政権)が敗北し、シン政権が誕生した。「首相の顔が見えない」などと言われながらも、独立以来の伝統を誇るインド国民会議派のベテランと実力者をそろえた新内閣は着実に国民の支持を固めている。 シン政権は七月八日、二〇〇四年度(〇四年四月―〇五年三月)予算案を国会に提出した。〇四年度は、総選挙のため前政権が暫定予算を組んでいたのだが、このたび新政権が七月以降分を編成した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top