「在来線高速化」でシーメンス脱落の舞台裏

2004年9月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 中国・台湾

 中国鉄道省が七月二十八日に実施した、在来線を現在の約二倍の時速二百キロへ高速化する車両高速化プロジェクトの入札。参加した外資は川崎重工業など日本連合と仏アルストム、加ボンバルディアの三グループで、本命の一つとされた独シーメンスの名前はない。 入札会場となった北京市内の高級ホテル、世紀金元大酒店。札入れの締め切りが迫っていた午後四時直前に、入札資料が詰まった段ボール箱を抱えたシーメンスの一団が鬼気迫る表情で乗り込んできた。十分ほどして彼らは逃げるように会場から去った。会場そばの廊下にはドイツ版高速鉄道車両の写真が貼られた段ボール箱が置き去りにされていた。 今回の入札に外資が参加する条件は中国の車両企業と組むことだった。シーメンスはこれを満たせなかったのだ。日本連合は南車四方機車車両と組み、アルストムは長春軌道客車と組んだ。ボンバルディアは日本連合と同じ南車四方との合弁会社が応札した。一方、シーメンスは今春から長春軌道と提携する方向で交渉を詰めてきたが、入札数日前に長春軌道がアルストムへと寝返ったため、提携相手を見つけられずに時間切れとなった。シーメンスが会場に押しかけたのは、わずかな可能性に賭けたとも、長春軌道への抗議とも受け止められている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順