80時間世界一周
80時間世界一周(1)

9.11直後のアメリカ脱出

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2004年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 フランスのSF作家ジュール・ヴェルヌの『八十日間世界一周』を読み、世界旅行を夢想したのは中学生の頃であった。以来、その熱は冷めることがなく、海外でのフィールドワークがしたくて留学もした。現在、大学の授業の合間を縫って海外の現場に出向くことが増え、「八十日間」ならぬ「八十時間」で往復することもしばしばとなった。中国やフィリピンへは一泊で、韓国なら日帰りで出かけ、人に呆れられることも多い。 三年前の九月十一日、米国西海岸オレゴン州のポートランド市内にあるホテルの一室にいたのも、駆け足の旅の途中であった。時差ぼけの頭でCNNテレビのスイッチを入れた時、ジェット旅客機が世界貿易センタービルに突入する映像が飛び込んできた。 筆者は、日米友好を目的とした「A50」という友好親善キャラバンの一員として、サンフランシスコ講和条約五十周年を記念する式典に参加、ちょうどポートランドに移動した直後であった。主催者の英断が下り、キャラバンは各チームの自主判断で帰国ルートを選択し、帰国便を手配することになった。筆者のチームも三人で帰国ルート探しをはじめた。 翌十二日の午前中、テレビを見続けて状況の把握を行なう。午後に市内を歩き回ると、飛行禁止の青空には米空軍の戦闘機が低空飛行。十三日早朝、陸路でカナダを目指すことに決めた。米国よりカナダの方が、空港閉鎖の解除が早いと考えたからだ。ポートランドから鉄道アムトラックでシアトルに向かい、マリナーズの球場の真正面で乗り継ぎのバスに乗り、国境を越えて一路カナダへ。夕方五時半、ポートランドから八時間でバンクーバーに到着した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順