行き先のない旅
行き先のない旅(16)

若きセザンヌとゾラを包んだプロヴァンスの陽光

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2004年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 夏休みの南仏プロヴァンスには、ヨーロッパのあらゆる国から観光客が集まる。この七月、エクス・アン・プロヴァンスを訪れる機会があったが、町の中心に毎朝立つ青空市場で、新鮮な魚や太陽を一杯に浴びた真っ赤なトマトを見たり、土地のチーズを試食したり、周辺の畑でとれた緑のバジルや紫のラヴェンダーの花束の香りを嗅ぐと、都会では磨耗する一方の五感が生き生きと蘇ってくる感じがする。 ヴェルディの名曲オペラ「椿姫」で、純愛など信じられなくなっていたパリの高級娼婦ヴィオレッタに、まっすぐな愛をぶつけていく青年アルフレードは、このプロヴァンスの出身だ。オペラの台本のもととなったのは、美貌と才気、優美な物腰でリストなどの芸術家や王侯貴族を魅了した実在のパリの高級娼婦マリー・デュプレシをモデルにデュマ・フィスが書いた小説である。恋人の存在はフィクションだが、洗練と引き換えに退廃の香りを放つ当時のパリの社交界に対して、純情な青年の出身地をプロヴァンスにしたことは、実に巧みな設定といえるだろう。 エクス・アン・プロヴァンス出身の画家にセザンヌがいる。彼が晩年に制作に取り組んだアトリエを訪れてみたが、正方形の部屋の二つの壁面が天井まで五メートルはあるガラス窓になっており、南仏ならではの明るい陽光が空間を満たしていた。赤、黄、橙、緑、青――セザンヌの鮮やかでニュアンスに富んだ色彩は、この光なくしては誕生し得なかったのだと納得させられる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順