アフリカで世界一深い穴に潜る日本の男たち

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2011年1月18日
カテゴリ: 国際
エリア: アフリカ

 アフリカ大陸では、地震は極めて稀です。世界の地震発生地域を示した地図を見ると、大陸の東側を南北に走るアフリカ大地溝帯の周辺で多少の有感地震が観測されていますが、日本と比べれば、その数は比較にならないほど少ない。大陸の他の地域では地震はほとんど観測されません。つまり、アフリカ人の大半は地震というものを知りません。南アフリカで暮らしていた4年間を振り返っても、自分の足元が揺れた記憶は皆無です。

 ところが、そんな地震とは縁のない南アは現在、地震研究の大事なフィールドになっています。研究の主役は、世界最高の研究水準を誇る日本の地震学者たちです。

 南ア最大の都市ヨハネスブルクは、1880年代に金鉱が発見されたことを機に成立した都市です。市街地の南側には、採掘時に生じた土砂を積み上げた「マイン・ダンプ」と呼ばれる人工の山が多数存在します。

 ある時、私はヨハネス中心部から南西約65キロのカールトンビルという小さな町のムポネンという名の金鉱に、取材のために入りました。案内して下さったのは、日本からやって来た東京大学地震研究所の中谷正生助手(現准教授)。立命館大学理工学部の小笠原宏教授らとともに、南アの金鉱で地震発生のメカニズムについて調査を続けている地震研究者です。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順