台湾政治-切れすぎたカミソリの退場

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2011年1月20日

台湾の与党国民党の秘書長、金溥聡が月内の辞任を表明しました。金は馬英九総統の唯一無二の側近で、支持率低迷で選挙連敗の事態を受けて今から1年ほど前、日本で言うところの幹事長にあたる秘書長に就任しましたが、突然の辞意表明に、台湾政権に激震が走りました。

表むきの金のコメントは「段階的任務を終えた」とし、馬総統も2012年春の総統選に向けて、選挙チームに入ってもらうことになると取り繕いました。しかし、実際のところ、先の五大都市選挙での国民党の事実上の敗北を受けて、金のこれまでの強引な党改革や候補者選定に対する党内「守旧派」の反発が吹き出し、馬総統も抗しきれなくなったと読み解くべきです。

金をこころよく思っていなかった国民党のベテラン議員たちのコメントが「ざまあみろ」という気分を表しています。

「金が党内同志の内部対立まで表ざたにして公開の場で処理しようとしたのは、火に油を注ぐような手法だった」

「調整役のはずの秘書長が党内で対立を自ら作り出しては、国民党は団結を弱めてしまう」

後任は総統府秘書長で党の地方派閥に顔が利く保守派政治家の廖了以になりました。金と候補者選定方針などで対立していた国民党の地方派閥の大物、王金平・立法院長は「何より人の和が大事だ。金は中央出身。(後任の)廖は地方出身で、地方の選挙を経験し、地方の事情に詳しく、秘書長として人の和を作るのに長けている」と語りました。一種の勝利宣言です。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順