主役になれない中国自動車メーカー

執筆者:フォーサイト編集部 2011年1月28日

 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズが日本長期国債の格付けを1ランク下げました。記者団から質問を受けた菅首相は「そういうことに疎いので……」と述べたそうです。揚げ足を取るつもりはありませんが、他に言いようはないのでしょうか。昨日は頼みの公明党からも解散要求を突き付けられ、苦しい政権運営が続きます。

 チュニジアの政権崩壊が、中東全域を揺るがしています。エジプトにも飛び火した民主化要求の動きについては、来週お伝えする予定です。

 本日の更新記事は、1月24日付記事の後篇、高村悟さんの「主役になれない中国自動車メーカー――世界最大市場の光と影(下)」です。自動車の生産と販売で世界トップになった中国ですが、製造業としてスポイルされた(甘やかされた)中国メーカーに、競争力のある独自の技術は育っていません。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順