饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(153)

オバマ大統領が最高のもてなしに隠した「対中人権外交」

西川恵
執筆者:西川恵 2011年2月2日
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾 北米
ブッシュ政権時代とは異なる手厚いもてなしを受けた(c)AFP=時事
ブッシュ政権時代とは異なる手厚いもてなしを受けた(c)AFP=時事

 中国の胡錦濤国家主席が1月18日から21日まで米国を国賓で訪問したが、私が注目したのはオバマ大統領がどのようにもてなすかだった。というのは前回(2006年)、ブッシュ政権時代に胡主席が訪米した時のことが念頭にあったからだ。  この時、米中は訪問形式を巡って対立した。最高レベルのもてなしの国賓待遇を求める中国に対し、米国は中国の軍備拡張、人権問題などを盾に「国賓で迎えるには両国関係はまだ十分に成熟していない」と伝えた。ここには当時のブッシュ大統領の考えが反映していた。調整は火花を散らし、結局、中国は「国賓訪問」、米国は「公式訪問」と、都合よく解釈した。  本番のホワイトハウスの歓迎式典では、米国は21発の礼砲や米独立戦争時の衣装の行進など国賓並みの待遇を与えたが、饗宴は譲らなかった。国賓であれば豪華な晩餐会だが、公式訪問ということで昼食会とし、内容もワーキングランチをちょっと豪華にしたものだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)、さらに『知られざる皇室外交』(角川書店)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順