饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(153)

オバマ大統領が最高のもてなしに隠した「対中人権外交」

西川恵
執筆者:西川恵 2011年2月2日
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾 北米
ブッシュ政権時代とは異なる手厚いもてなしを受けた(c)AFP=時事
ブッシュ政権時代とは異なる手厚いもてなしを受けた(c)AFP=時事

 中国の胡錦濤国家主席が1月18日から21日まで米国を国賓で訪問したが、私が注目したのはオバマ大統領がどのようにもてなすかだった。というのは前回(2006年)、ブッシュ政権時代に胡主席が訪米した時のことが念頭にあったからだ。  この時、米中は訪問形式を巡って対立した。最高レベルのもてなしの国賓待遇を求める中国に対し、米国は中国の軍備拡張、人権問題などを盾に「国賓で迎えるには両国関係はまだ十分に成熟していない」と伝えた。ここには当時のブッシュ大統領の考えが反映していた。調整は火花を散らし、結局、中国は「国賓訪問」、米国は「公式訪問」と、都合よく解釈した。  本番のホワイトハウスの歓迎式典では、米国は21発の礼砲や米独立戦争時の衣装の行進など国賓並みの待遇を与えたが、饗宴は譲らなかった。国賓であれば豪華な晩餐会だが、公式訪問ということで昼食会とし、内容もワーキングランチをちょっと豪華にしたものだった。

「赤」と「黄」で彩られた晩餐会

 これに対して今回のオバマ大統領は、胡主席を名実共に手厚くもてなした。胡主席が到着した18日夜、ホワイトハウスの私的な夕食会に招いたが、これ自体異例のことである。翌19日朝はホワイトハウスの庭で荘重に歓迎式典をとり行ない、夜は豪華な晩餐会をもった。
 招待者は225人。ホワイトハウスの3つの続きの間にテーブルが並べられ、中国に敬意を表した赤のテーブルクロスに、やはり中国の皇帝の色である黄色の花がテーブルを飾る。ファーストレディーのミシェル夫人も赤いロングドレスで決めた。この日のメニューである。
 
 〈料理〉
 アンジュ梨、山羊のチーズ、ウイキョウ、それにクルミをバルサミコ酢で
 メーン州のロブスターと魚介類、ニンジンのオレンジ和えと黒ラッパ茸を添えて
 レモン・シャーベット
 仔牛のリブ、カリカリの玉ねぎ入りのバターミルクで、ポテトとほうれん草添え
 デザート 伝統のアップルパイ、バニラアイスクリームと
 〈飲み物〉
 デュモル・シャルドネ ロシアン・ヴァレー08年(白)
 クィルシーダ・クリーク カベルネ コロンビア・ヴァレー05年(赤)
 ポエーツ・リーブ リースリング08年(甘口)
 
 米国の伝統的な料理だ。カリフォルニア州の白ワインはロブスターに合わせ、リブにはワシントン州の赤ワイン。このワイナリーは質を重視した少量生産で、同州で最も注目を浴びている作り手である。甘口ワインはもちろんアップルパイとだ。
 ホワイトハウスの女性料理長、クリスティータ・カマフォードさんはフランス料理をベースにアジア系料理を取り込んだフュージョン料理を得意とするが、今回、中国から「晩餐会は米国の真髄を見せてほしい」との希望が出されていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順