実は処罰されていないソマリア海賊

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2011年2月3日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: アフリカ 朝鮮半島

 韓国海軍の特殊部隊が1月21日、ソマリア沖で海賊に乗っ取られていた韓国のケミカルタンカー「三湖(サムホ)ジュエリー」に突入し、銃撃戦の末に海賊8人を射殺、5人を拘束して人質の解放に成功しました。ソマリア海賊の船舶乗っ取り事件は、身代金支払いによって人質が解放されるケースが一般的です。同船が海賊に乗っ取られたのは1月15日。発生から6日後の強行突入による解決はやや異例の展開でしたが、人質に日本人が含まれていなかったこともあり、この強行突入は日本ではほとんど報道されませんでした。

 しかし、私たちは、日本の海上自衛隊が海賊対策のために今もソマリア沖に派遣されていることを、時には思い出す必要があると思います。新聞記者の私が言うのも自己矛盾かもしれませんが、日本の政治メディアの政局報道ばかり見ていると、世界の動きが分からなくなる恐れがあると思います。韓国軍の突入劇は、諸外国で大きく報道されたのです。

 海自の派遣は2009年3月に海上警備行動発令に基づいて実施され、海自の活動の法的根拠は2009年6月成立の海賊取締法に引き継がれています。
 アフリカ特派員だった私はソマリアでの紛争取材の経験がありますが、日本に帰国後の2年間、政治部に配属されていた経験もあります。アフリカ特派員と政治部記者の両方を経験した日本の新聞業界でも極めて珍しい経歴の持ち主なので(笑)、国会で海賊取締法が審議されていた当時のことはよく覚えています。自民党の麻生政権が風前の灯火だった当時、ソマリアの海賊問題は自民党VS民主党の対決の構図における大きな「政治ニュース」でした。かつて2度のソマリア取材で地獄を見た者の目には、世界の安全保障の一大脅威である問題すら「政局」に還元してしまう永田町の世界(そこには政治メディアも含まれる)は、ほとんど信じられないというのが率直な気分でした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順