2012年民主党全国党大会の開催地がシャーロットに決定

足立正彦
執筆者:足立正彦 2011年2月7日
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 北米

 日本時間の今月2日午前、ファースト・レディーであるミシェル・オバマ夫人から「Thrilled」と題するメールが送信された。筆者をはじめとする民主党全国委員会(DNC)のオバマ大統領支援の草の根プロジェクト「Organizing for America」に登録しているメンバーはオバマ夫人からのメールを受信し、2012年9月3日から開催される第46回民主党全国党大会の開催地はノースカロライナ州南西部に位置するシャーロットに決まったことを知った。

 2012年民主党全国党大会の開催地候補としてシャーロットとともに最後まで検討対象に残っていた都市は、ミズーリー州セントルイス、ミネソタ州ミネアポリス、オハイオ州クリーブランドの3都市であった。近年、南部でも金融業を中心として経済成長と人口増大が著しいシャーロットで、主要政党による全国党大会が開催されるのは史上初となる。ノースカロライナ州の北隣ヴァージニア州の前知事であるティム・ケインDNC委員長は、開催地の選定作業はDNCにとり困難な選択ではあったが、シャーロットに決まったことについて「理想的な開催地(“an ideal location”)」との見解を示している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順