インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

中東での秘密工作練り直しを迫られるCIA

春名幹男
執筆者:春名幹男 2011年2月15日
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

 エジプト市民の蜂起で舞台を去ったホスニ・ムバラク前エジプト大統領の辞任劇を見て、5年あまり前にイスラマバードで会ったパキスタン情報機関、3軍統合情報部(ISI)のハミド・グル元長官の話を思い出した。
「西はモロッコから東はインドネシアまで、イスラム圏で自由な選挙をやれば、反米政権が続々誕生する」
 米国に対する痛烈な皮肉だったが、ムバラク前大統領も今、同じようなことを考えていることが、ひょんなことから明るみに出た。
 グル氏は1980年代、ソ連軍のアフガニスタン侵攻に対して、サウジアラビア総合情報局(GID)とともに、米中央情報局(CIA)の秘密工作に協力した。彼の当時のカウンターパートは、当時のGID長官だったトゥルキ王子とウェブスターCIA長官だった。グル氏はムジャヒディン(イスラム戦士)を訓練し、武器を供給。ソ連軍を撤退させた立役者の1人になったが、イスラム原理主義に近い彼は今、反米の側に付いている。
 イスラム圏の親米独裁政権は、冷戦時代には反共、21世紀は反テロという米国の戦略に協力してきた。しかし今、自国民からレッドカードを突き付けられ、退場を余儀なくされ始めたのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順