もはや悪者ではない好調・ドイツ経済の中身

執筆者:花田吉隆 2011年2月21日
カテゴリ: 国際 金融
エリア: ヨーロッパ
「ブランド力」が強みのドイツ経済(メルケル首相)(C)AFP=時事
「ブランド力」が強みのドイツ経済(メルケル首相)(C)AFP=時事

 ドイツ経済が好調だ。  世界は経済危機後、「拡散」と「収斂」の時代に入ったという。拡散とは、先進国経済の停滞が続く中、新興国経済が躍進を続け、先進国と新興国間の成長の差が広がっていることを意味し、収斂とは、その結果、世界がかつての南北問題を乗り越え所得均一化に向かいつつあることを意味する。そのスピードが如何にもめざましいので世界中がこの動きに目を見張っている。  その停滞する先進国の中で、1人ドイツだけが意気盛んだ。  ユーロ危機が世界を震撼させたのはつい昨年のこと、しかもこの危機はいつまた火を噴くか分からない。その不安定な欧州経済にあって1人ドイツだけが好調に嬉しい悲鳴を上げている。  ドイツの好景気がユーロ安による面は否定できない。危機によりユーロ安が進行し、それがドイツの輸出増をもたらした。しかし、この輸出増にはそれだけでは説明できないドイツ経済の強さが隠されている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
花田吉隆 在東ティモール大使。1977年東京大学法学部卒業。同年外務省入省。国連局、経済協力局、大臣官房、内閣官房、在スイス大使館、在フランクフルト総領事館等を経て2009年より世界平和研究所主任研究員。2011年10月より現職。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順