「タクシン派」と「反タクシン派」

執筆者:フォーサイト編集部 2011年2月28日

 25日金曜日の午後、池内恵さんの緊急寄稿「中東―危機の震源を読む(72)中東諸国に走る社会的亀裂――リビア、バーレーンの大規模デモで何が起きるか」をアップいたしました。池内さんからはフォーサイト・フォーラム「『中東の騒乱』に思うこと」へのコメントも頂いています。

 本日の更新記事は、樋泉克夫さんの「タイ政権打倒で接近する『タクシン派』と『反タクシン派』」です。隣国カンボジアも巻き込んで、旧敵同士が意外な動きを見せています。激動の予兆かもしれません。
 「専門家の部屋」では、5本の新エントリ。
 「民主党政権の『天下り根絶』の実態」(行政ウォッチング):民主党政権の看板の1つだったはずの「天下り根絶」はどうなっているのでしょうか。
 「メルー・キャブスが教えたインド・ベンチャービジネスの可能性」(インド):「メルー・キャブス」はインド初の本格的な無線タクシー会社。インドにはまだ多くのビジネスチャンスがありそうです。
 「開発主義と新成長戦略(その1)」(アフリカ):開発論は開発途上国だけのためにあるのではありません。開発主義と日本の新成長戦略の関係を論じます。
 「次はパキスタン?」(インテリジェンス):ラホールで起きた殺人事件容疑者の正体はCIAの契約スパイでした。この問題は、ザルダリ政権の不安定要因にもなりえます。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順