饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(154)

危機感から生れた官民一体「フランス料理キャンペーン」

西川恵
執筆者:西川恵 2011年3月13日
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ
ギー・マルタン氏によるデザート(筆者撮影、2点とも)
ギー・マルタン氏によるデザート(筆者撮影、2点とも)

 フランスが農産加工品の輸出促進キャンペーン「So French, So Good」(フランスだからこそ美味しい)を開始した。「美食の国」の名声にあぐらをかいていた反省から、フランスの食の素晴らしさをPRし、農産加工品の輸出振興を図ろうとの狙いだ。  3月1日の夜、フランス大使公邸で豪華な夕食会が開かれた。招かれたのはフランス農産品の輸入業者、フランスレストランの経営者やシェフ、それにジャーナリスト。私にも声がかかり、大勢の中に交じってお相伴にあずかった。  料理に腕を振るったのは公邸料理人ではなく、わざわざこの日のためにフランスから飛んできたパリの著名なレストラン「グラン・ヴフール」のオーナーシェフ、ギー・マルタン氏。日本でもよく知られた料理人である。  同氏はフランスの美食を象徴するフォアグラの親善大使でもある。この日から4日間の日程で開幕した幕張メッセで「第36回国際食品・飲料展」(FOODEX)にフランスのフォアグラ業者が出展したのに合わせ、フォアグラの特別レシピで日本人をもてなそうとの企画が練られた。フォール駐日大使が公邸を開放する官民一体の作戦でもあった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順