いま私たちがやるべきこと

平野克己
執筆者:平野克己 2011年3月15日

 この未曽有の大地震が日本を襲ったとき、私はケニアのナイロビにいた。第一報を大使館員から聞き、CNNを観て、航空会社にフライトの確認をとったうえ日本に向けて出発した。ナイロビ空港まで見送ってくれた大使館員が「現地メディアの問い合わせに答えようがない」というので、「日本にも多くのケニア人がいる。安否を気遣う家族の不安に応じるのは日本大使館の義務だ。本省から指示がくるから待っていなさい」と言い置いた。実際、日本にいる外国人アスリートでもっとも多いのはケニア人だと言われている。

 帰国してから日本のテレビで東北の惨状を見、息が止まった。いったい日本はどれだけの人間を失い、どれだけの人生がぶっつりと途絶えたのだろう。皆さんもたいへんな思いをされていることと推察する。
 こういうときにこそ国力が問われる。各人の格が問われる。気象庁は震度5級の余震が、高い確率で再びわが国を襲うと予測している。さらなる苦難に耐える緊張をもって現状と戦わなくてはならない。「なにが起こりうるか」をつねに予測しながら、目の前の仕事に取り組む必要がある。
 現段階で3000人の死亡が確認され、50万人の避難民がいる。まずはどうやって遺体を収容するか、避難所にいる人々に生活物資を供給するかを考えよう。海外ではいま福島原発の話題が圧倒的だが、専門家を信じたいと思う。ほかのことはそれからだし、ましてや人を非難している場合ではなかろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順