原子力安全委員会、心のケア

執筆者:フォーサイト編集部 2011年3月22日

 フォーサイト・フォーラムのトピック「大地震について」には多くのコメントが寄せられています。「激震に見舞われ、断水が1週間続いた土地」にお住まいのnekosukiさんからのコメント(29番、「平時意識から抜け出た対応を」)には、政府が「先手先手の対策を示すことで、国民は政府や行政機関が想定する以上に賢く行動し、この困難に対応していくものと思います」とあります。政府には確固たる対策と情報公開が求められます。

 20日に塩谷喜雄さんの「原子力安全委員会はどこへいった?」をアップしました。地震発生以来、日本の原子力安全を統べる元締めである、原子力安全委員会の姿が見えません。専門家集団による中立的な評価や助言は、対策に速やかに反映されているのでしょうか。安全委による情報公開は、「情報不足」と「誤った情報の流布」を防ぎます。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順