大統領選出馬表明を躊躇する共和党有力政治家

足立正彦
執筆者:足立正彦 2011年3月24日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 今月21日、ティム・ポーレンティー前ミネソタ州知事が、共和党大統領予備選挙への事実上の出馬表明を行なった。米連邦選挙委員会(FEC)に関連書類を提出し大統領準備委員会を設立したことを、自らのフェイスブック上に掲載したビデオの中で明らかにしたのだ。【リンク】大統領準備委員会を設立したことで、今後、政治資金集めや選挙スタッフの採用等ができるようになる。ポーレンティー陣営は選対本部をミネソタ州ミネアポリスに設置しつつある。

 2012年共和党大統領候補指名獲得プロセスの幕開けとなるアイオワ州党員集会は来年2月6日に予定されており、すでに一年を切った。ポーレンティーが共和党有力政治家の中で最初に大統領準備委員会を設立したが、彼以外の共和党有力政治家は誰一人として2012年共和党大統領候補指名獲得争いへの事実上の出馬表明を行っていない。

 共和党は昨年11月の中間選挙で歴史的勝利を収め、今年1月5日召集された第112議会では4年ぶりに下院で過半数の議席を奪回した。その勢いで2012年大統領選挙でも勝利することへの期待感で、共和党内は高揚感に満ちていた。だが、共和党の中間選挙での歴史的勝利から4ヶ月余り経過し、オバマの大統領支持率も回復しつつある中、共和党有力政治家はホワイトハウス奪回に向けた動きを躊躇している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順