福島第一原発の「埋葬」、東電の「国有化」

執筆者:フォーサイト編集部 2011年3月30日
カテゴリ: 金融

 昨日、塩谷喜雄さんの緊急寄稿「福島第一原発は『ゴール=埋葬方式』を決めて工程表を示せ」をアップしました。発生した「事象」を、その場その場で個別にたれ流す方式は、そろそろ限界に来ています。社長、会長が説明責任を放棄して引きこもったままの東京電力に、大胆な対策が打ち出せるのでしょうか。政府は企業存続の思惑を排除して、福島第一原発をどのような形で永遠の眠りにつかせるのか、衆知を結集するべきです。

 本日の更新記事は、杜耕次さんの「現実味帯びる東電の『破綻』『国有化』」です。1999年の東海村事故の賠償金額は150億円。単純計算すれば、今回の事故の賠償金は7.5兆円に上ります。今のところ、政府は東京電力の免責に否定的です。事故発生以来、同社の株価は4分の1となり、信用リスクは急落。大手金融機関からの緊急融資も焼け石に水です。東電の「破綻」「国有化」が現実味を帯びてきています。

 「専門家の部屋」では、「中国」に「台湾選挙の日程で馬英九政権が大技」の新エントリ。来年の総統選挙で劣勢が伝えられる馬英九政権は、当初の日程を1月に繰り上げ、日本の総選挙に当たる立法委員選挙とのダブル選を考えているようです。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順