菅政権の震災対応

執筆者:フォーサイト編集部 2011年3月31日

 昨日の更新記事「現実味帯びる東電の『破綻』『国有化』」で、東京電力の今後の経営問題について分析しましたが、同社は昨日、入院した清水正孝社長に代わって勝俣恒久会長が会見。福島第一原発1-4号機の廃炉を明言しました。読売新聞はこの経費だけで5000億円に上る可能性を指摘しています。同社の「破綻」「国有化」はやはり現実味を帯びてきています。

 リビアでは、3月16日の記事「インテリジェンス・ナウ 不発に終わった元リビア情報機関トップへの説得」でも取り上げたクーサ外相が英国に亡命。「インテリジェンスの部屋」の新エントリ「クーサ外相が亡命し、CIAがリビアで秘密工作」では、米政府がCIA工作員のリビア派遣を公表したこととあわせて解説しています。

 本日の更新記事は、「深層レポート 日本の政治(217)菅政権は機能しているか?」です。震災によって、疑惑追及からは逃れることができた菅首相。とはいえ、その後の震災対応について、もろ手を挙げて賞賛する国民も少ないでしょう。「救国内閣」への動きは起きるのでしょうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順