軍事的偵察行動とそれへの反応

2011年4月11日

 日本が大震災に見舞われ、悲しく深刻な最悪事態に対処する最中、ロシアは日本海において軍事活動を行った。

 3月17日、ロシアのイリューシン20型電子偵察機1機が、昼間約3時間にわたり日本海側本州に接近飛行した。これに対して、航空自衛隊は戦闘機を緊急発進させ、レーダーと併せた監視を行った。続けて3月21日、日本海を飛行していたロシアのスホーイ27型戦闘機2機が、日本領空に侵入する気配を見せたため、航空自衛隊は戦闘機を緊急発進させ、その行動を監視した。そのスホーイ27は、領空の約60キロ先まで接近し、その後北方に飛び去った。これについて防衛省は、「ロシアの戦闘機に対するスクランブルは異例であり、目的などについて分析している」と報道発表した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順