大統領候補目指すロムニーとハンツマンの「アキレス腱」

足立正彦
執筆者:足立正彦 2011年4月15日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 今月11日、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事は自らのウェブサイト上に「Believe inAmerica」と題する2分30秒の短いインターネット・ビデオを掲載し、大統領準備委員会を正式に設置したことを明らかにした。【リンク】大統領準備委員会を設置したロムニーは、ティム・ポーレンティー前ミネソタ州知事、実業家のハーマン・ケインに次いで三人目となり、今後、政治資金集め等の選挙キャンペーン活動を開始できることになる(今月13日にはリック・サントラム元上院議員=ペンシルベニア州選出=も大統領準備委員会を設置)。ロムニーにとっては2008年共和党大統領予備選挙出馬に続き2度目のホワイトハウスへの挑戦となるが、恐らく今回が彼に与えられた最後の機会となるであろう。

 今月11日というタイミングでロムニーが大統領準備委員会を設置したのは、オバマ大統領の再出馬表明を受け、今年第2四半期(4~6月期)に共和党有力政治家として政治資金集めで自らの実力を見せつけたいとの狙いがあるのだろう。同ビデオでは米国の失業者数が2,000万人を超える中、経済・雇用問題に焦点を当て、過去2年余りのオバマ大統領の経済政策は失政であったと切り捨てている。そのうえでロムニーは自らが民間セクターで発揮した経営手腕、雇用創出やマサチューセッツ州知事としての指導力、財政均衡の業績を誇示している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順