大統領候補の顔ぶれに不満が募る共和党支持者

足立正彦
執筆者:足立正彦 2011年4月21日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 今月14日から17日までの4日間、ワシントンポスト紙とABC NEWSが共同で実施した最新世論調査の結果が19日に公表された。【リンク】ガソリン価格が高騰する中、バラク・オバマ大統領の経済政策運営に対する有権者の不満が高まっており、大統領支持率も今年1月時点での54%から7ポイントも下落して47%となった。他方、「不支持」は50%に達し、昨年9月以来7カ月ぶりに支持と不支持が逆転した。今月4日、オバマは2012年大統領選挙への再出馬表明を行ったばかりであるが、引き続き難しい政権運営を強いられている。

 ワシントンポスト紙とABC NEWSの共同世論調査では、共和党大統領候補選出プロセスに関する質問も行われた。その結果、共和党支持者の多くが、共和党大統領候補の顔ぶれに不満を募らせているとの結果が明らかになった。オバマの大統領支持率が50%を割り込んでいるにもかかわらず、共和党大統領候補選出プロセスへの出馬が予想される候補の顔ぶれに「満足」と回答した共和党員ならびに共和党寄りの無党派層は僅か43%となった。2008年共和党大統領候補選出プロセスを控えていた4年前の2007年4月に実施された世論調査では、共和党員ならびに共和党寄りの無党派層の65%が共和党大統領候補の顔ぶれに「満足」と回答していたのとは全く異なり、22ポイントも低下している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順