3.11というグローバルな記憶

執筆者:フォーサイト編集部 2011年4月22日

 本日の更新記事は、会田弘継さんの「国際論壇レビュー 原発事故によって『グローバルな記憶』に刻まれた“3.11”」です。福島第1原発事故の映像は、世界の転換を示す「アイコニック・ターン」として、人類の記憶に刻まれました。その衝撃はドイツのメルケル政権を直撃し、世界の環境保護運動、経済にも大きな影響を与えています。

 「専門家の部屋」では、2本の新エントリ。

 「紅茶大国インドにコーヒー文化が浸透」(インド):今夏にはスターバックス・コーヒーも上陸。紅茶大国インドにコーヒー文化は根付くのでしょうか。

 「大統領候補の顔ぶれに不満が募る共和党支持者」(アメリカ):オバマ政権の支持率が低下する一方、政権奪還を狙う共和党の方も冴えません。次期大統領候補の中で最高の支持率は、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事の16%。候補者の顔触れに支持者は不満のようです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順