「菅降ろし」は進むのか?

執筆者:フォーサイト編集部 2011年4月27日

 本日の更新記事は、「深層レポート 日本の政治(218)疑心暗鬼で迷走する『菅降ろし』」です。野党だけではなく民主党内でも「菅降ろし」の動きは加速していますが、そうすんなりとはいきそうにありません。

 「専門家の部屋」では、3本の新エントリ。

 「移民法改正問題とヒスパニック票の行方」(アメリカ):先ごろオバマ大統領は、現在棚上げになっている重要課題として、移民法改正問題を挙げました。次期大統領選でのヒスパニック票を狙った動きです。

 「『独裁官』になれなかった菅首相」(安全保障):古代ローマの独裁官は、自ら決断し1人で最終責任を負いました。もし、この制度が現代の日本にあったとしても、菅首相にそれを引き受ける覚悟はなかったでしょう。元陸幕長・冨澤暉さんの考察です。

 「清華大学100周年の式典をめぐる小道消息(うわさ)」(中国):胡錦濤、習近平と2代続けて中国トップが輩出した清華大学は、我が世の春を謳歌。いろいろなうわさが流れています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順