大震災への支援を通じて見える中南米諸国の温度差

遅野井茂雄
執筆者:遅野井茂雄 2011年5月16日
カテゴリ: 国際
エリア: 中南米

 東日本大震災では、世界中の国々、団体、個人からさまざまな支援が届けられた。かつてのODA大国日本も援助を受けとる側になった。外務省がホームページ上で公開している世界各国からの支援の実態からは、その国がどう日本を観ているのか、親日度をある程度うかがい知ることができる。【リンク

 それによると5月12日現在で、中南米では緊急援助チームを送ったのはメキシコのみである。緊急物資はグアテマラ、ウルグアイ、メキシコ、ベネズエラの4カ国、チャベス政権のベネズエラは、毛布167束、ミネラルウォーター2.8トンなどを載せた特別機を飛ばして物資を送るという破格の対応を見せた。また資金支援はウルグアイとブラジル(いずれも50万ドル)だけである。総理等に対する見舞いの書簡を通じて支援を表明した国は33カ国中26カ国であったが、政府レベルで実際の支援があったのはアジアやアフリカと比べて圧倒的に数が少ないと言わざるを得ない。アフリカではルワンダなど最貧国も資金支援をしているのには驚かされる。

 この差はどう説明したらよいか。ここ10年間の政府開発援助(ODA)のアフリカ・シフトで中南米への日本の経済援助が急減していることや、民間を含め中南米における日本のプレゼンスの相対的な低下が反映しているかもしれない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
遅野井茂雄
遅野井茂雄 筑波大学大学院教授、人文社会系長。1952年松本市生れ。東京外国語大学卒。筑波大学大学院修士課程修了後、アジア経済研究所入所。ペルー問題研究所客員研究員、在ペルー日本国大使館1等書記官、アジア経済研究所主任調査研究員、南山大学教授を経て、2003年より現職。専門はラテンアメリカ政治・国際関係。主著に『21世紀ラテンアメリカの左派政権:虚像と実像』(編著)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順