“ブレアになれない”キャメロン英首相の躓き

執筆者:藤沢朝矢 2011年5月16日
カテゴリ: 国際 金融
エリア: ヨーロッパ

[ロンドン発] 戦後初の連立政権や最年少首相の誕生など記録ずくめとなった英国での昨年の政権交代から1年。デービッド・キャメロン首相(保守党党首)が試練のときを迎えている。選挙制度改革をめぐる国民投票では保守党の狙い通り改変阻止に成功したが、改革を選挙公約としていた連立パートナーのニック・クレッグ副首相率いる自由民主党との亀裂が深まった。ナショナル・ヘルス・サービス(NHS)と呼ばれる国営医療制度の改革をめぐっては医師らの猛反発に直面。外交面では中東民主化で国際的なリーダーシップを発揮しようとしたが、国内問題で手一杯の米国の十分な協力を得られない。
 同じように歴史的な政権交代と呼ばれた1997年の総選挙で登場した労働党のトニー・ブレア元首相が就任後の1年間、さまざまな改革で次々と成果をあげていったのとは対照的だ。ともに「変化」を掲げる若きリーダーとして政治の表舞台に立ったブレア氏とキャメロン氏。その1年目の明暗を分けたのは何だったのだろうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順