茶会党勢力を意識したギングリッチの出馬表明

足立正彦
執筆者:足立正彦 2011年5月16日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 今月11日、ニュート・ギングリッチ元下院議長(ジョージア州第6区選出)が、インターネット・ビデオやツイッターで2012年共和党大統領候補指名獲得争いへの出馬を正式に表明した。今月初旬、ギングリッチはテキサス州の著名な選挙キャンペーン・ストラテジストであるロブ・ジョンソンを自らの選対本部長に迎え入れていたために、出馬表明は時間の問題であった。ギングリッチは選対本部を地元ジョージア州アトランタに設置して選挙キャンペーンを本格化させることになる。ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事やティム・ポーレンティー前ミネソタ州知事らは既に大統領準備委員会を設立し、政治資金集め等の活動を開始していたが、共和党大統領候補有力者として正式に出馬表明したのはギングリッチが最初となった(ギングリッチの出馬表明から二日後の今月13日にはロン・ポール下院議員=テキサス州第14区選出=も共和党大統領候補指名獲得争いへの出馬を正式に表明)。

 ギングリッチは大学教授を経て1978年中間選挙でジョージア州第6区選出下院議員に初当選し、10期20年間下院議員を務めた。1994年中間選挙では共和党下院院内幹事として選挙公約である「米国との契約(“Contract with America”)」を有権者に提示して下院で54議席を増大させ、ドワイト・アイゼンハワー大統領時代の1954年中間選挙以来実に40年ぶりに共和党を下院で多数党の立場に復帰させ、「共和党革命(“Republican Revolution”)」と呼ばれた。だが、その後、ギングリッチは下院議長としてビル・クリントン大統領との予算対立に敗れ、1997年には倫理違反に問われ、翌98年11月に実施された中間選挙での敗北後に下院議長を辞任した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順