「メルトダウン」はロシアなども周知の事実

春名幹男
執筆者:春名幹男 2011年5月21日
エリア: ロシア

 福島第一原発の1号炉で起きた、と東京電力と政府が認めた「メルトダウン」。先進諸国にはとっくに周知の事実だったようだ。在京米情報筋によると、ロシア政府当局は4月初めに「1~3号炉でメルトダウン」と認識していた。つまり、大気や土壌の汚染よりも、地下水や海洋の汚染の方が深刻だと判断していたというのだ。ロシア政府当局がそう認識していたのであれば、米国原子力規制委員会(NRC)やフランス政府なども当然同じ認識だったに違いない。これら諸国は、コンピューター・シミュレーションで4つの原子炉の詳しい事故状況推移を分析していたからだ。
 NRCは3月26日に内部向けの秘密レポートをまとめた、と米紙が伝えているから、このレポートにもそうした状況の詳細が記されていたと思われる。菅政権がこうした事実を知りながら、国民にショックを与えないため「情報管理」していたのであれば、問題だ。

 また、菅直人首相が浜岡原発の運転停止を求めた理由に関連して、国際情報筋は「横須賀や厚木の米軍基地に近いから、という理由で米政府が運転停止を求めたという情報も流れている」と指摘した。こうした情報の真偽を知りたいところだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順