東電解体、国際政治の力学

執筆者:フォーサイト編集部 2011年5月27日

 本日の更新記事は2本。

 「改革派官僚に聞く 『東電解体』は『経済民主化』の始まり」(編集部):先ごろ「日本中枢の崩壊」(講談社)を上梓された経済産業省官房付の古賀茂明さんに、東電賠償スキームについて話を聞きました。古賀さんによれば、今回のスキームはあまりにも筋が悪く、実現に至らない可能性もあるとのこと。なぜ電力会社の支配力が政界、官界、財界、学会、マスコミにまで及ぶのか、その構造についても言及します。

 「墜ちゆく世界の迷走(9)原発事故の先にある剣呑な国際政治の力学」(青柳尚志さん):浜岡原発停止で、電力不足は全国的なものになる可能性が高まりました。そして、原子力に代わるエネルギー源として存在感を増すのは天然ガス。その結果、ロシアの日本接近が考えられます。一方、原発事故の汚染水処理ではフランス・アレバ社の動きに注意が必要です。原発事故後の日本は、国際政治の力学の真っただ中にいます。

 本日中に、池内恵さんの中東関連記事を更新する予定です。ご期待ください。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順