電力供給の構造転換

執筆者:フォーサイト編集部 2011年5月31日

 本日の更新記事は、新田賢吾さんの「電力不足が促す『電力供給の構造転換』」です。節電、ピークシフト、発電増強、分散型電源……。電力不足を解消するためになされると思われる様々な試みは、これまで電力業界が恐れていた電力供給の構造転換を促すことになりそうです。

 「専門家の部屋」では、「中南米」に「これからの『中南米の10年』の展望」の新エントリ。21世紀に入ってから年率5%の成長を達成し、リーマン・ショック後の2010年も6%のV字回復を遂げた中南米経済。中東のような政治的混乱を免れていることもあり、米州開発銀行が出した「次の10年」には明るい見通しが示されています。陥穽があるとすれば、楽観主義と成功に浸る陶酔感でしょうか。



 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順