「ポスト菅」の政治

執筆者:フォーサイト編集部 2011年6月6日

 内閣不信任案をめぐるドタバタ劇を経て、政局が動き出しました。フォーサイト・フォーラムに、新トピック「『ポスト菅』の政治の行方」を立てましたので、混迷する現在の政局の問題点、「ポスト菅」の政治のあるべき姿などについて、ご意見をお寄せ下さい。

 本日の更新記事は、連載企画「復興を超えて」の第5弾、宇野重規さんの 「『政治の復興』を妨げる『リーダーシップ幻想』と『パターナリズム』」です。震災復興において何よりも問われるのは「政治の復興」なのですが、現実は復興どころか「政治の自滅」が進行しています。リーダーが代わればすべてが変わりうると考える「リーダーシップ幻想」と、判断を専門家や政府関係者に委ねる「パターナリズム」からの脱却が必要です。

 「専門家の部屋」では、「インテリジェンス」に「米、パキスタン、情報協力で和解進む」の新エントリ。パキスタンはビンラディン容疑者が潜伏していた隠れ家のCIAによる調査を認め、一方、米国は作戦実行部隊の海軍特殊部隊SEALSが持ち帰った証拠品をパキスタン3軍統合情報総局ISIが調査することに同意。電撃作戦で関係が悪化した両国関係は和解に向かっています。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順