ロムニーのアイオワ州共和党模擬投票不参加の影響

足立正彦
執筆者:足立正彦 2011年6月15日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 今月9日、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事は約2ヶ月後の8月13日にアイオワ州共和党が主催して行う共和党大統領候補の人気投票である模擬投票(ストローポール)に参加しない方針を明らかにした。模擬投票は1979年以来30年以上続くアイオワ州の伝統的政治イベントであり、州内各地から有権者が集うが、投票結果に拘束力はない。だが、党員集会を導入している州では模擬投票は党員集会の「前哨戦」として重要な意味を持つ。

 2008年共和党大統領候補選出プロセスでは、2007年8月に行われたアイオワ州共和党模擬投票でロムニーが圧勝した。ところが、翌年1月の党員集会で実際に勝利したのは模擬投票で2位となったマイク・ハッカビー前アーカンソー州知事であった。当時、2007年の模擬投票でロムニーは、会場スペースの確保、州内各地の支持者の会場へのバスの送迎、一人35ドルの入場券、食事の提供等のために総額250万ドル以上を支出している。模擬投票での勝利に向けた選挙キャンペーンを展開するには多額の費用と膨大な時間が必要となる。

 全米で最初に党員集会が実施され、共和党大統領候補選出プロセスの「幕開け」となるアイオワ州は、妊娠中絶や同性婚等の社会的争点に強い関心を示す有権者が多いのが特徴だ。2008年大統領選挙プロセスに関する複数の調査では、アイオワ州党員集会の参加者の60%がキリスト教福音派と自らを定義していた。ニューハンプシャー州予備選挙と大統領選挙にそれぞれ投票した有権者では、その割合が約25%であった事実を考慮すると、アイオワ州党員集会における社会的保守層の影響力がいかに高いかが分かる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順