アフリカ成長機会法の10年

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2011年6月28日
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 北米 アフリカ

 6月中旬に米国のクリントン国務長官がザンビア、タンザニア、エチオピアのサブサハラ・アフリカ3カ国を歴訪しました。歴訪の目的の一つは、ザンビアの首都ルサカで開催された「AGOA」に関する閣僚級会合に出席することでした。

 AGOAはAfrican Growth and Opportunity Actの略で、日本語では一般的に「アフリカ成長機会法」と訳されています。アフリカ研究者やアフリカでのビジネスに関係している人々の間ではよく知られた2000年5月施行の米国の法律です。この法律の適用対象国とされたアフリカの国は、自国が生産した製品を原則として無関税で米国へ輸出することが可能になります。米国市場へのアクセスを容易にすることによってアフリカ側の輸出産業を間接的に育成し、アフリカの経済発展に寄与しようというのが同法の第一義的な狙いです。同時に米国を中心とする市場経済圏を広くアフリカに構築し、米国企業のアフリカ進出を促進しようとの狙いも込められています。

 私事ですが4月下旬に米国ワシントンDCへ転勤になり、しばらくは仕事と暮らしの立ち上げで精いっぱいでしたが、2か月が経過し、少し余裕が出てきたのでAGOAの現状について改めて勉強してみました。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順