国際政治のビジネス・モデル

執筆者:フォーサイト編集部 2011年7月12日

 本日の更新記事は、田中直毅さんの「経済の頭で考えたこと(37)米国復活遠し『国際政治のビジネス・モデル』が変わる」です。QE2を実施したにもかかわらず、米国の経済は好転しません。リーマン・ショックの引き金となった、サブプライム・ローン問題が片付かないからです。住宅向けの融資を証券化して投資家に売りつけるという仕組みは、レーガン政権以来の米国の政策の骨格とも言えるものでした。しかし、その解決がなされず、債務残高が公表の2倍とも推測される中、米国の対外政策も変化せざるを得ません。「国際政治のビジネス・モデル」が変わろうとしています。

 「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「イデオロギー対立で続くデフォルト危機」の新エントリ。連邦政府債務の上限を引き上げるための関連法案成立のめどは立たず、米国のデフォルト危機は依然続いています。共和党の「反増税」と、民主党の「社会保障などの政府給付プログラムの擁護」の対立は、イデオロギー的な色彩が強く、前途は多難です。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順