ポーレンティーの試練

足立正彦
執筆者:足立正彦 2011年7月19日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 2012年共和党大統領候補指名獲得争いに出馬した政治家のうち、全米での知名度の低い政治家にとって、全米各州に先駆けて来年2月6日に行われるアイオワ州共和党党員集会で勝利を収めることは特別な意味を持つ(5月31日付コラム「ポーレンティーとロムニーの正式出馬表明の狙い」参照)。ティム・ポーレンティー前ミネソタ州知事もその一人であり、アイオワ州党員集会での勝利を目指して州知事在職当時から足繁くアイオワ州を訪れていた。アイオワ州党員集会で勝利を収めることで全米の有権者やメディアの注目を浴び、その結果、政治献金が増大し、活動家も選挙キャンペーンを支援するなど大統領候補指名獲得争いの序盤戦に「モメンタム(弾み)」をつけることができる。

 ミチェル・バックマン下院議員(ミネソタ州第6区)もアイオワ州党員集会での勝利を契機に選挙キャンペーンに「弾み」をつけたい政治家の一人である。先月13日にニューハンプシャー州マンチェスターで行われた共和党大統領候補討論会でのバックマンの卓越した討論能力は視聴者に強烈な印象を与えた。アイオワ州における最新世論調査でもバックマンに対する共和党有権者の支持率が急上昇しており、トップを走るミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事を猛追している。バックマンは先月27日にアイオワ州で共和党大統領候補指名獲得争いへの出馬表明を正式に行い、今月初旬からはアイオワ州で政治広告を放映し始めている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順