出現した「Gゼロ」という機能不全の世界

執筆者:花田吉隆 2011年7月26日
カテゴリ: 国際 金融
ギリシャへの第2次支援策は決まったが……(C)EPA=時事
ギリシャへの第2次支援策は決まったが……(C)EPA=時事

 世界は金融危機を挟んで様変わりしてしまった。  金融危機の本質をどう見るか。単なるリセッションでも金融システムの大激震でもない。恐らく後世、歴史家はこの金融危機を振り返り、時代を画する分水嶺と見るに違いない。  筆者は金融危機が勃発した時ドイツに在住していた。  米国の住宅市場を不安視する見方は金融危機前から多々あった。しかしヨーロッパはそれを米国の問題と見ていた。よもやヨーロッパが激震に襲われるかもしれないなどと見る向きは皆無だった。08年夏、欧州中銀のトリシェ総裁と懇談する機会を持ったが、その時トリシェ総裁が、ユーロ発足後の歩みを振り返り、しみじみと述べた言葉が印象的だった。曰く、「10年前、誰がこれほどのユーロの発展を予想しただろうか。当時、ユーロを巡っては制度的に欠陥があるとの見方も強かった。その行く先を危ぶむ声もそこかしこに聞かれたものだ。然るに10年経ち、ユーロは不動の地位を築いた。今や押しも押されもしない第2の基軸通貨だ。この間のユーロの歩みを振り返る時、自分は深い感慨に襲われざるを得ない」。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
花田吉隆 元防衛大学校教授。1977年東京大学法学部卒業。同年外務省入省。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授などを歴任。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top