南沙諸島にこだわる「中国の論理」

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2011年7月26日
カテゴリ: 国際

 南の海が荒れている。南沙諸島(スプラトリー諸島)をめぐり、中国とベトナム、フィリピンなど東南アジア諸国との対立が深まっているからだ。

 南沙諸島周辺では最近、ベトナムの漁船が中国艦船から威嚇射撃を受け、海底地質を調べていた国営石油会社ペトロベトナムの資源探査船が調査ケーブルを中国船に切断された。ベトナムは南シナ海で実弾演習を行ない、中国への対抗意識を燃やすインド海軍のベトナム寄港を認める、との情報も流れている。ベトナムと同様に威嚇射撃などを受けたフィリピンは南シナ海を「西フィリピン海」と改名、フィリピンの国会議員も南沙諸島の島への上陸を敢行した。

「行動宣言へ努力」は時間稼ぎ

7月中旬、ベトナムの首都ハノイで行なわれた7週連続となる反中デモ。南シナ海の南沙諸島周辺海域で続いた中国船による妨害行為に対する抗議で、6月初め以降、毎週日曜日に実施されている (C)EPA=時事
7月中旬、ベトナムの首都ハノイで行なわれた7週連続となる反中デモ。南シナ海の南沙諸島周辺海域で続いた中国船による妨害行為に対する抗議で、6月初め以降、毎週日曜日に実施されている (C)EPA=時事

 このほどインドネシア・バリ島で開かれたASEAN(東南アジア諸国連合)・中国高級事務レベル会合で、今後、南沙諸島問題の平和的解決を目指した「南シナ海行動宣言」の実現に向けて各国が努力することで一致し、緊張は緩んだかに見えるが、現実はそれほど簡単ではない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順