技術で背伸びする中国

執筆者:フォーサイト編集部 2011年8月2日

 菅首相夫妻が国会で号泣した海江田経産相を批判したそうです。この夫婦は一刻も早く首相公邸を立ち去るべきですが、海江田氏への批判は妥当なものでしょう。海江田氏はご自身を「上司に仕事を邪魔されるかわいそうな自分」、あるいは悲劇のヒーローとでも思っているのかもしれませんが、この人が実際にやっているのは経産官僚の口車に乗って、従来の原発政策を推し進めているだけです。被災者への補償の国民負担分を増大させる「東電救済法案」(原子力損害賠償支援機構法案、明日3日に成立予定)を遮二無二進めたのもその一環。変な勘違いをしないで、即刻辞めるべきです。

 本日の更新記事は、高村悟さんの「技術で背伸びする中国の焦り」です。世界第2位の経済大国になったとはいえ、これといった技術がない中国。営業速度で世界トップという実績を築き、中国の技術を世界にアピールする――。高速鉄道の事故は、そうした戦略が招いた悲劇でした。独自技術の開花がなければ、中国の成長は停滞します。「張り子の虎」状態からの脱却は成るのでしょうか。

 「専門家の部屋」では、2本の新エントリ。

 「20年も成長しない経済:日本とアフリカの共通点」(アフリカ):1981年から2002年までGDPがほとんど増えなかったアフリカ。1991年以来成長が停滞している日本。これだけの長い期間経済成長がないのは、世界でもまれな例です。その要因はそれぞれ違うのですが、共通しているのは貿易依存度の低さ。80年代のアフリカでは40%台、今の日本は30%。現在の日本経済は非常に内向きです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順