初めての「米中アジア・太平洋協議」

2011年8月8日

 クリントン米国務長官は、6月23日、フィリピン外務大臣との共同記者会見に臨み、米国にとって古(いにしえ)よりの同盟国であるフィリピンの国防に関する協同を確約するとともに、「南シナ海で起きている事件は、地域の平和と安定を損なうものである」と指摘した。航海自由の原則および国際法の順守の観点から、同海域に対する米国の関与を継続するという米国の立場を確認したものである。

 クリントン長官は、昨年より南シナ海の領有権紛争への懸念を表明しているが、これに対して中国は、米国が関与すべきでない当事国同士の2国間問題であると位置づけ、当事者でない米国が関与しないよう求めてきた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順