クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

真実を語る良心

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2011年8月10日
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 上海より少し南に当たる。中国・浙江省温州市の温州南駅まで、あと10キロほどの地点を走っていた中国高速鉄道D301列車が、先行するD3115列車の後尾灯を認め、急ブレーキをかけるヒマもなく(かけたか否か証言が分かれる)衝突した。7月23日20時38分のことである。  最初、新華社は「死者35人、負傷者200人以上」と伝えた。むろん新華社のことである。×省×市にデモがあったと報じても、新華社の示す数字には客観性がない。「×千人くらいのものと心得よ」という中国共産党中央の願望を示しているに過ぎない。    D301列車は先頭の4両が脱線して高架橋から垂れ下がり、先頭車両は地面に着いている。追突されたD3115の最後尾車両も、かなり激しく壊れているという。  私は地名事典を見た。温州は人口112.2万人、貿易港のある町だと出ている。まあかなり賑やかな町らしい。次に私は日本の新幹線の車内を思い出してみた。A席からE席までが横に並んで、一両に15番か16番まである。すなわち一両に80人で、それが東海道新幹線なら16号車まであるから1列車に乗る乗客は1200人程度である。グリーン車の乗客数は、ちょっと少なくなる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順