【ブックハンティング】難病患者が直面する「ほころびだらけの国民皆保険」

執筆者:武部隆 2011年8月30日
カテゴリ: 書評 社会
エリア: 日本
『困ってるひと』
大野更紗著
ポプラ社
『困ってるひと』 大野更紗著 ポプラ社

 ビルマ(ミャンマー)難民を救済する活動に奔走していた20代の女子大学院生が、ある日、病魔に襲われる。  高熱が続き、全身の腫れと関節の痛みで歩行すら困難になるが、原因はもちろん、病名や治療法も不明。ようやくたどり着いた大学病院で「筋膜炎脂肪織炎症候群」「皮膚筋炎」という自己免疫疾患の難病であることは判明するものの、ステロイドの副作用で一時は危篤状態に陥り、思うように治療も進まない。挫折を繰り返しながらも病気と付き合うコツを学び、病院のそばに部屋を借りて自立生活を始めるまで、およそ1年9カ月の体験をリアルに綴る。難民という「困ってるひと」を救うつもりが、いつの間にか生存ぎりぎりの「困ってるひと」になっていたというお話だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
武部隆 1961年生れ。早稲田大学第一文学部卒。84年時事通信社に入社。金沢支局を経て本社内政部に。旧建設省、旧自治省、自民党、厚生労働省、総務省などを担当。公共事業、地方財政制度、社会保障政策などに詳しい。著書に『自閉症の子を持って』(新潮新書)がある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top