欧米情報機関と呼応、内部から「人魚の夜明け作戦」

春名幹男
執筆者:春名幹男 2011年8月25日
エリア: 中東

 リビアのカダフィ政権を打倒した今度の作戦。欧米の報道を総合すると、欧米の情報機関と反政府勢力「国民評議会」が合同で作成したシナリオ通りの作戦だったようだ。
カダフィ政権の最後もいよいよか、と思わせた報道は8月16日。パネッタ米国防長官(前中央情報局=CIA=長官)の「カダフィ政権の最後が近づいている」という発言だ。同政権のアブドラ公安相がエジプトに亡命した翌日のことだった。
そして20日。英紙テレグラフによると、「人魚の夜明け作戦」という名称のこの作戦は首都トリポリの中心部、サリム通りにあるベンナビ・モスクから開始されたという。
最終段階の首都での攻防は、英紙サンデー・タイムズが報じた通り、反政府勢力が首都の外から中に攻め込むという形ではなかった。同紙が入手した70ページの機密文書は①反政府勢力がトリポリに進軍する可能性は低い②トリポリの住民がカダフィ政権に対して蜂起する可能性が高い――と判断していた。
このため、トリポリおよび周辺の地域で計8660人の国民評議会支持者を開拓した。このうち3255人は政府軍の兵士だった。カダフィ政権の治安部隊のうち約800人も味方に引き入れ、政権打倒後は約5000人の警察官が首都の治安維持の任務に当たる、といった手はずが整えられた。この文書は、国民評議会と英当局などが一緒に作成した。
今年3月、米英仏を中心に対リビア軍事介入に乗り出した際、同時に米英などの情報機関員も東部ベンガジからリビア国内に潜入した。十数人のCIA要員のほか、英国からも対外情報機関MI6要員や陸軍特殊部隊(SAS)隊員もリビア国内にはいり、反政府勢力支援工作を展開してきたと伝えられる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順