カレーを食べてシンガポール人になろう

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2011年8月26日

シンガポールのニュースで面白い話をみつけた。

「カレーを作って食べよう」という運動が起きているという。

きっかけは、シンガポールのほとんどの人が暮らす団地で起きた。ここに中国系の移民が入居してきたところ、インド系の住民の作るカレーのにおいがたまらないということで、近隣住民を巻き込んだトラブルに発展したという。コミュニティー組織に訴えた中国系移民に対し、インド系住民は我々の食文化だと反論。結局、インド系住民は料理の最中は窓を閉じるとか、中国系移民がいるときはカレーをなるべく作らないといった妥協案が採用されたという。

しかし、この件がネットで流されると、単なる世間話では済まなくなるのがシンガポールらしいところである。異文化の受容という問題には、シンガポールの特殊な成り立ちと民族問題が絡んでくるからだ。

シンガポールは、華人が中心になって、マレー人が主流だったマレーシアから独立した国だ。人口構成は、華人7、マレー2、インド1。しかし、周辺にはインドネシア、マレーシアのマレー系大国が控え、インドの影響力も無視できない。少数派のマレー系、インド系に、むやみに華人中心主義を感じさせてはならない、ということが、社会的な行動規範になっているのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順