茶会党勢力伸長の「落とし穴」

足立正彦
執筆者:足立正彦 2011年8月29日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 2012年共和党大統領候補選出プロセスで最も注目されるのはティーパーティー(茶会党)支持勢力が同プロセスにもたらす影響力である。オバマ政権が発足した翌月の2009年2月17日に7870億ドルの大型景気刺激策「2009年米国再生・再投資法(ARRA)」が成立した後で、全米各地で自然発生した保守派有権者の草の根政治運動である茶会党運動が台頭してから2012年大統領選挙は初めての大統領選挙となる。2年半前の茶会党運動発生当時、茶会党支持勢力の隆盛を支えているのは米国の現状に対する「怒り」や「苛立ち」であり、米国経済が回復した場合、茶会党運動も1992年大統領選挙キャンペーン当時の「ロス・ペロー旋風」のように、次第に影響力を低下させていくとの見方が専門家らの一致した見方であった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順