ロシアを巻き込んだ金正日の「生き残り戦略」

平井久志
執筆者:平井久志 2011年8月31日
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア 朝鮮半島
8月24日に会談した金正日総書記とメドベージェフ大統領 (C)EPA=時事
8月24日に会談した金正日総書記とメドベージェフ大統領 (C)EPA=時事

 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記は8月20日から特別列車でロシアを訪問し、24日に東シベリアのウランウデ郊外でメドベージェフ大統領と会談。さらに、25日に内モンゴル自治区の満州里から中国領内に入り、黒竜江省のチチハル市と大慶市を訪問、中朝国境の中国側都市、吉林省集安市を経て27日、北朝鮮の慈江道(チャガンド)満浦市(マンポシ)に帰国した。金総書記の列車旅行はロシア訪問だけで4700キロを超え、朝鮮中央通信はその総旅程を「2万余里(約8000キロ、朝鮮の1里は約400メートル)」と報じた。5月の6000キロに及ぶ中国訪問に続く「長征」であった。  朝鮮中央通信は8月28日未明、後継者の金正恩(キム・ジョンウン)党中央軍事委副委員長や実妹の金慶喜(キム・ギョンヒ)党中央委部長ら党や軍の幹部が国境の駅で温かく金総書記を出迎えたとし「社会主義祖国の富強・繁栄史に記される不滅の対外活動業績を積み上げ、祖国に無事に帰国した金正日国防委員長にすべての軍隊と人民の一様な心を込めて謹んで祝賀の花かごを差し上げながら外国訪問成果を熱烈に祝った」とその訪問を称えた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順